インスタントコーヒー

インスタントコーヒーとは、コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状に加工したインスタント食品である。レギュラーソリュブルコーヒーとしても呼ばれることがある。湯を注ぐだけでコーヒーが完成する。

人気のコーヒー豆情報 |

    発明者

    コーヒーを即席食品化する場合、抽出液を粉末化するのがもっとも簡易である。しかし、その過程では味や香りが損なわれやすい。インスタントコーヒーの歴史は、加工後も味と香りを維持しようとする努力の歴史と言える。

    1899年にアメリカのイリノイ州シカゴに在住していた日本人科学者のカトウ・サトリ博士が、緑茶を即席化する研究途上、コーヒー抽出液を真空乾燥する技術を発明。1901年にニューヨーク州バッファローで開催されたパンアメリカン博覧会で「ソリュブル・コーヒー」(可溶性コーヒー)と名づけて発表したのがはじめとされる。

    ところが、1906年にジョージ・ワシントンという人物がなぜかインスタントコーヒーの特許を取得しており、ワシントンを発明者とする文献も多い。加藤博士の経歴や正確な名前(サトリ、サルトリとの説があり上記のリンク先ではサトリ)はわかっておらず、どのような研究を行っていた人物なのかも不明である。また、すでに博覧会で公表されていて新規性が無く、本来の発明者でもないワシントンに対して特許が認められた経緯も謎である。加藤の発明は現在のフリーズドライ製法につながるものと思われるが、ワシントンはいわゆるスプレードライ製法を発明した可能性もある。

    上記の経緯は多くの雑学書に記されているが多くは孫引きのたぐいと思われ、正確な文献による報告は未だ行われていない。インスタントコーヒー大手のネスレ社のサイトでさえ、上記の孫引きを行っているのが実情であるが、加藤という人物が特許を取得し、Kato Coffee社という会社が博覧会でサンプルを配布したことまでは確認できる。

    一般への普及

    ワシントンの特許以後、いくつかのメーカーがインスタント・コーヒーの製造販売を行ったが、その中でもっとも大きな成功を収めたのは、スイスのヴェヴェーに本拠を置く食品商社のネスレ社であった。

    1920年代末期、コーヒーの大産地であるブラジルではコーヒー豆の大豊作で価格相場が暴落、農民は困窮した。これに苦慮したブラジル政府は、余剰のコーヒー豆を用いた加工食品の開発をネスレ社に要請する。ネスレ社は数年間の開発期間を経て、1937年にほぼ現在同様のスプレードライ法によるインスタント・コーヒーを完成させた。この製品は翌1938年に「ネスカフェ」の商品名で市販され、インスタント・コーヒーの代名詞として知られるようになる。

    フリーズドライ法で製造されたインスタント・コーヒーは1960年代にアメリカで登場し、風味に優れることから成功を収めた。

    日本では1950年代からインスタント・コーヒーが輸入され始めたが、1960年代以降国産化が進み、1960年に森永製菓によって国内生産が開始されて一般大衆にコーヒーを広く普及させる契機となった。

    カフェインを抜く加工を施したカフェインレスのインスタント・コーヒーも有る。

    製法

    スプレードライ法

    高温の乾燥筒の中に、高温のコーヒー液を噴霧して素早く乾燥させる方法。一般的に気流乾燥装置と呼ばれる。製品は微粉状となる。冷たい水にも溶けやすいという利点があり量産性が高いが、製造時の熱によって香味をやや損ないやすい。香味の損耗については製造工程の改善もあり熱風中に数秒間ブロー乾燥させたのちすぐに冷却される程度のものであり極端なものではない。(代表例:ネスレ「ネスカフェ エクセラ」、AGF「ブレンディ(インスタントコーヒー)」等)

    フリーズドライ法

    コーヒー液をマイナス40℃以下で一度凍結させた後に細かく砕き、真空状態にして水分を蒸発させる方法。製品は2〜3mm程度の大きさで角が尖った粗い粒状となる。スプレードライ法に比して香味は損なわれにくいが、製造に手間がかかるためやや量産性に劣る。このため、スプレードライ法の製品より価格は高め。(代表例:ネスレ「ネスカフェ ゴールドブレンド」、AGF「マキシム(インスタントコーヒー)」等)

    カフェテリア検索 |