カルーア

カルーアとは、メキシコでアラビカ種のコーヒー豆を主原料の1つとして作られる、コーヒー・リキュールの1種である。片仮名表記では、まれにカルウアと書かれることもある。

人気のコーヒー豆情報 |

    カルーアは、カクテルにして飲まれたり、製菓に用いられたりする。カクテルにする際は牛乳とまぜ、カルーア・ミルクにすることも多い。

    アルコール度数は20%のものに加え、26.5%のものがある。また36%のスペシャル版も存在する。日本における輸入元はサントリー。

    ミディアムローストした豆からつくられたコーヒー、砂糖、サトウキビからつくられる蒸留酒をまぜバニラ等の芳香成分を添加してつくられる。

    アルコール飲料の他にカルーア味のビスケットや、カルーアのフレーバーのついた葉巻きタバコが販売されている。

    カルーアを使ったカクテル

    カルーア・ミルク

    カルーア・ミルクとは、コーヒー・リキュールのカルーアを牛乳で割ったカクテルのことである。このカクテルは、冷たいタイプのロングドリンク(ロングカクテル)に分類される。牛乳の量が比較的少なくとも口当たりがコーヒー牛乳のように柔らかく飲みやすいが、アルコール度数は決して低くない。当然ながら牛乳の量を増やせばアルコール度数は低くなり、そして甘くなくなるので、好みの分量を見つけると良い。

    • カルーア:30ml
    • 牛乳:90ml

    氷を入れたタンブラーに、カルーアと牛乳を注ぎ、ステア(かき混ぜる)する。牛乳の量は好みに応じて増減する。

    • ホットでも作ることができ、温めた牛乳をカルーアに混ぜて作る。この時、通常のものと区別するために、「ホット・カルーア・ミルク」と呼ぶこともある。
    • カルーアの代わりに、同じくコーヒー・リキュールである、クレーム・ド・モカを使うと、「モカ・ミルク」という名前のカクテルになる。
    • ベースをウィスキーに変えると、「カウボーイ」という名前のカクテルになる。
    • ベースをメロン・リキュールである、ミドリに変えると、「ミドリ・ミルク」という名前のカクテルになる。

    カルーア・ミルクにカルーア以外のコーヒー・リキュールを使ってはならない。

    他、コーヒー・リキュール全般が使用されるカクテル

    オーガズム

    オーガズムとは、リキュールをベースとしたカクテルの1種である。敢えて性的な言葉をカクテル名に冠しており、酒を楽しむと言うよりは、一種の遊びのためのカクテルとして知られる。 大きく別けて、ブレンダーで作るものと、プース・カフェ・スタイルのものの2種類のレシピがある。

    • ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム= 20ml
    • コーヒー・リキュール= 20ml
    • アマレット= 15ml
    • バニラ・アイスクリーム= カップ半分程度

    ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム、コーヒー・リキュール、アマレット、バニラ・アイスクリームをブレンダーにかけ、それを適切なグラスに移す。最後にストローを添えれば完成である。

    ブラック・ルシアン

    ブラック・ルシアン(Black russian) とは、冷たいタイプのロングドリンクに分類される、ウォッカをベースとしたカクテルである。

    • ウォッカ = 40ml
    • コーヒー・リキュール= 20ml
    • 氷を入れたオールド・ファッションド・グラスにウォッカを注ぎ、そこにコーヒー・リキュールを注いでステアすれば完成である。
    • カルーア・ミルクのように「カルーア」と付かないため、カルーア以外のコーヒー・リキュールを使用しても良い。
    • 飲む人の好みに応じて、混合する割合を変える場合もある。
    ホワイト・サテン

    ホワイト・サテンは、リキュールベースのカクテルで、ショートドリンクである。カクテル名にホワイトと付くものの、使用するリキュールが白くはないため、出来上がりは真っ白ではない。ちなみに、サテンとは繻子という織物のこと。

    • コーヒー・リキュール (特に銘柄は決まっていない)
    • ガリアーノ
    • 生クリーム

    これらを、全て等量ずつ用いる。

    コーヒーリキュール、ガリアーノ、生クリームをシェークして、カクテル・グラス(容量7590ml程度)に注げば完成である。なお、カクテルグラスに注いだ後、好みで適量のナツメグを振りかけることもある。

    カフェテリア検索 |